PCB収集運搬 東京 信越 長野 事業

環境通信輸送株式会社

事業内容
PCB廃棄物収集運搬
PCB廃棄物収集運搬
安全・確実に。地球環境保全をモットーに!
1.PCB廃棄物収集運搬許可取得状況

(1) 許可取得行政

①長野県(平成5年から)
②新潟県(同上)
③東京都
④北海道
⑤福島県
⑥宮城県
⑦山形県
⑧秋田県
⑨富山県
⑩群馬県
⑪埼玉県
⑫栃木県
⑬神奈川県
⑭山梨県
⑮茨城県
⑯青森県
⑰千葉県
⑱岡山県
⑲石川県

(2) JESCO入門許可

①JESCO東京事業所
②JESCO北海道事業所
2.弊社PCB廃棄物運搬実績

(1) JESCO北海道事業所への運搬実績

・長野県、新潟県、福島県、宮城県、秋田県、富山県、群馬県等、保管事業所様(平成20年から実施)

(2) JESCO東京事業所への運搬実績

・首都圏分保管事業所様(平成20年から実施)

(3) 低濃度PCB(微量PCB)廃棄物の無害化処理施設への運搬実績

・運搬先(秋田県、福島県、千葉県、富山県、岡山県、等)
3.運搬関係装備等
写真

(1) 運搬車両3台(GPS、衛星通信設備、NECルーテビシステム装備)


(2) 運搬容器(漏れ防止型金属容器)

① 大型運搬容器 本体1台、インナートレイ2台
② 大型運搬容器 本体1台、インナートレイ1台
③ 小型運搬容器 本体1台、インナートレイ2台
④ 小型運搬容器 本体2台、インナートレイ1台
対象PCB廃棄物は、まず、インナートレイに収納し、その後、本体に収容し、運搬する。

(3) 緊急時措置設備

4.微少なPCB漏洩、滲み等の漏洩部補修の実施
写真
コンデンサ、トランス等の微少、微量なPCBの漏れ、滲みの他、碍子のグラツキ等がある場合、JESCOへの持込は不可能ですが、補修により持込可能となります。
弊社では、このような場合、有資格者による補修作業を行ったうえ、JESCOへの運搬を可能にいたします。
但し、この作業は、コンデンサ、トランス等の運搬料金とは、別途料金となります。

<当社取得済み資格>

特定化学物質等作業主任者
有機溶剤作業主任者
5.微量PCBの濃度測定
写真
コンデンサ、トランス等につては、絶縁油の濃度測定が必要な場合があります。
弊社では、各機器の絶縁油を採取し、提携している分析専門業者に採取した検体を送付し、分析結果をお客様に、報告しております。
なお、分析方法は、国が認めている簡易測定法を採用しています。
また、一連の作業についても別途料金が必要となります。
6.安全対策について
写真

<安全教育>

作業従事者は、全員が財団法人日本産業廃棄物処理振興センター主催の「PCB廃棄物の収集運搬作業従事者講習会」の修了証を取得した社員であり、PCBに関する知識を十分有し、安全に作業を遂行することができます。
又、随時、社内教育を実施し、PCBに関する更なる知識技能の向上並びに緊急時の対応に万全を期すよう努めております。
保管事業者様の収集運搬作業に当っては、作業手順並びに危険予知対策等を確認し、作業者全員が、安全作業に徹し、無事故・無災害で実施のこととします。

<安全措置>

作業者全員ヘルメット着用し、又、運搬容器上の作業等、高所においては、作業者の転落事故防止のため、安全帯を着用のこととします。

<安全運転>

運転走行に当っては、法令遵守は勿論、全行程、運転手のほか助手つきで安全第一で走行のこととします。
運転については、ISOでエコドライブ8カ条をモットーとし、この推進と指差呼称による安全確保を行っております。
運転状況については、GPSで運行軌跡を監視し、又、速度超過、速度変化を速度センサーで感知し、異常の場合、予め指定した箇所に警戒FAXが発出されます。

<緊急時の対応・連絡体制>

収集運搬中に震災時或いは異常気象等による災害発生時には、緊急連絡体制を確立し、遺漏のないよう対処のこととします。
PAGE TOP